医師求人選びは成功のカギ,最大のチャンスを逃さない様にしよう,働き方を選ぶ,目的をしっかりと定める,求人選びで差をつける
これから医師として働きたい人のための情報サイト医師求人で成功をつかむ
人の命を救いたいそんなあなたの願いを医師求人でかなえませんか。

TOP 医師転職 医師求人 医師求人消化器内科 産業医師求人 多くの医師が望む産業医求人

項目

  1. 多くの医師が望む産業医求人
  2. 病床数に注目した医師求人
  3. 医師求人とパートナーの特徴について
  4. 長期勤務を見据えた医師求人
  5. 設備や環境について医師求人から知る
  6. これまでのキャリアを活かせる医師求人
  7. 医師求人への応募に関して
  8. 休みを確保したい医師の求人
  9. 産業医求人の応募条件
  10. 産業医の選任について
  11. 勤務地を選びたいスポットの医師アルバイト
  12. 希望者が多い産業医への医師転職

多くの医師が望む産業医求人

医師になっていろいろ経験してくるとどうしてもつらいことも多くあります。特に患者の生死を見てしまうと自分の無力さとか、理想と現実などいろいろなものを感じます。また、夜勤の勤務や土日祝の勤務なども多くあり、自分が願っていた医師像と異なることは少なくありません。

そんな医師が普通のサラリーマンと同じような勤務をしたいと願うことはよくあることです。特に休日や夜勤勤務からの解放というのはかなりの要望ではあります。そんな方が希望するのが産業医の求人です。そのため非常に人気の仕事ではあります。

特に大手企業の産業医求人は倍率もかなり高く、実際に採用されるのもそんなに簡単ではありません。そのため多くの医師のは産業医求人に強いエージェントを利用したりします。

産業医に強いエージェントというのは確かにあり、業界の方でもそれはよく知っています。まずは産業医の求人をお探しならそのようなエージェントに依頼してはどうでしょうか?

産業医に強い医師転職エージェントとして有名なのがJCMです。そのJMCが運営しているのが医師転職支援サービスです。下記のURLを見ると産業医の求人を確認することができます。ただ、産業医のすべての情報ではありません。登録しないと非公開の求人情報は見ることができません。

https://dr-ar-navi.jp/special/occupational/

医師転職や医師求人の記事

病床数に注目した医師求人

数多くの医師求人が存在しますので、病床数に注目してみるという事は、病院の規模や積める経験について把握できる事もあるかと思われます。

医師求人の中でも、病床数がゼロの場合には夜勤などは発生しないという事が把握できるかと思われます。また、病床数が多い医師募集というのは、病棟管理を行う仕事も含まれるという場合が考えられます。

病院内の設備は時として医師求人に記載されている事もあると思われますので、ぜひ注目してみましょう。医師求人のちょっとした情報も見逃さないで細かく確認する事によって、きっと条件に近い職場に出会える可能性は高くなると思われます。根気強くすぐに諦めない事が就職活動では大事ではないかと思われます。

医師転職エージェントについて。

医師求人とパートナーの特徴について

医師募集に初めて申し込みをするにあたり、勤務条件の内容や研修制度の有無などをしっかりとチェックすることがおすすめです。また、パートナーに相談をすることで、各家庭の生活を重視しながら積極的に転職活動に取り組むことが良いでしょう。

現在のところ、家庭生活との両立を果たすことができる医師求人の魅力について、多方面の媒体で取り上げられることがあります。そこで、魅力ある職場の選び方について知りたいことがある場合には、隙間時間を利用しながら、同年代の人々のレビューを参考にすることで、何時でも落ち着いて判断できます。

メニュー

医師求人で成功をつかむHOME   医師転職   産業医 医師転職   医師求人   医師求人消化器内科   産業医師求人   医師アルバイト   医師バイト   医師募集   脂肪吸引   二重まぶた   美容整形

当サイトへのお問い合わせはこちらから。医師求人選びの際に注目したい医師募集内容や、失敗したくない医師転職、効率良く働くスポット医師アルバイトや非常勤医師バイトといったさまざまな情報をご紹介しています。

長期勤務を見据えた医師求人

短期間だけの仕事の医師募集もありますが、中には長期的に仕事をする事を見据えた医師求人もあります。長期的に働く事を見据えた場合の医師求人選びは特に重要となる事が予想されます。医師求人を選んで採用が決定する時点においては、多少融通がきく場合もありますが、医師求人の条件で仕事を開始してしまうと、その後で条件を大きく変更するという事は難しい事もあります。

初めて医師として働く場合には、遠い先の事について考えるという事が難しい事もありますが、ぜひ可能な範囲でしっかりと検討しておくという事がミスマッチを防ぐのに有効となる事もあります。最初は妥協しすぎないで探す様にするといいでしょう。

設備や環境について医師求人から知る

できるだけ医師求人から多くの情報を得たいと考えている人は多いでしょう。設備や環境については働く上で重要度は非常に高いと思われますので、把握する様に努めましょう。

特に検査医として医師求人を探す場合には、検査に使用する機材があるかどうかで、かなり仕事内容は違ってくる事もあります。

医師求人の中でも勤務条件や、仕事内容に関する事は特に大事だと思われます。また、どうしても医師求人からでは把握する事ができないのであれば、面接の際に聞きましょう。特に医師求人へ応募するかどうかの決定に関わる様な事は大事だと思いますので、応募するまでの段階において確認しておくのもいいかと思われます。

これまでのキャリアを活かせる医師求人

できる事ならこれまでのキャリアを活かせる職場で活躍したいという医者は多い様で、その要望が実現できる医師求人を選びましょう。医師求人の中でも即戦力を必要としている場合には、得た事をすぐに活かせるのではないでしょうか。

キャリアを活かせる医師求人に応募すると、更にその分野のスキルを伸ばせる事もあるでしょう。医師求人に応募する際には、しっかりと自分の長所をアピールする事ができればいいでしょう。

私はこれができますと自信を持って言えるものがあれば、医師求人を選ぶ際にも決定しやすいのではないかと思います。また、自信を持てる分野がないという人は、これから身に付けるのもいいでしょう。

医師求人への応募に関して

特にオンラインを使用する場合には、医師求人への応募というのは、難しいと感じる事もなく、済ませられる場合が多いと思われます。

しかし、医師募集への応募を済ませると、次は医療機関から連絡が来て、書類選考や面談などが行われるという事が予想されます。

医師求人に応募してから、連絡が来るまで、何もしないで過ごすのではなくて、やはりその間も次に進む事ができた場合を想定して、準備をしておく事が大切ではないでしょうか。

また、多忙の合間を縫って医師求人に応募している人なら使える時間は限られている事もあるので、特に準備はしっかりと済ませておきましょう。医師求人への応募を済ませるといつ連絡が来るか分かりません。

休みを確保したい医師の求人

会社のルールによっては週休2日制が採用されている所も増えつつある様です。
しかし、医師の仕事においては、この週休2日制がなく、仕事があれば休日であったとしてもいきなり呼び出しがかかる事もあります。

休みがあっても、外出できる半径が決められていて、それ以上は遠くにいけない医師もいます。休みの日でもいつ呼び出されるか分からずゆっくりとくつろげない事もあるため、確実に休める休日を確保する事ができる求人を選ぶ人もいます。

また、当直は他の人に任せられる求人というのも人気がある様です。
過度に無理をすると、ミスなどが発生する様な事があってはいけませんので、職場選びは慎重に行っている人が多いみたいです。

健診センターなど、決まった特定の施設は時間にゆとりが持てるため、家庭と両立したい女医にも人気があるようです。

産業医求人の応募条件

産業医求人の応募条件はそう簡単なものでありません。医師免許を持っているだれでもいいわけではありません。

産業医の要件として1996(平成8)年の労働安全衛生法の改正により「産業医は労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識について厚生労働省令で定める一定の要件を備えた者でなければならない」と規定されました(安衛法第13条第2項)。

そのような要件を備えた方だけが産業医となれるのです。そのためには産業医になるための経験と知識を得るための業務、研修を受講しなくてはいけません。

具体的には次の要件になります。

  1. 厚生労働大臣が定める研修修了者
  2. 労働衛生コンサルタント試験に合格した者
  3. 大学において労働衛生を担当する教授、助教授、非常勤講師の職にあり、またはあった者
  4. 厚生労働大臣が定める者

そのような経験をし、やっと産業医として認められます。そのような方は産業医の求人に応募することができるのです。

産業医の選任について

事業者は、常時50人以上の労働者を使用するに至った時から14日以内に産業医を選任する必要があります。

また、産業医を選任した際は遅滞なく所轄労働基準監督署長に届け出る義務があります(安衛法第13条、安衛令第5条、安衛則第13条第1項・2項)。つまり、ある程度の規模の会社は産業医を選任する必要があるのです。

1000人以上の従業員を有する事業所は専属の産業医を選任する必要があるのです。

勤務地を選びたいスポットの医師アルバイト

たとえ、スポットの医師バイトで勤務回数は少ないとしても、勤務地によっては通勤できない場所もあると思います。スポットの医師アルバイトでは、科目は自分の希望とは異なる仕事を選ぶ人もいる様ですが、勤務地については、妥協できない事も多いでしょう。

そのため、スポットの医師アルバイトを探す際には、勤務地など重要性が高いと思われる条件から設定すると、仕事探しがしやすくなります。

スポットの医師バイトでは、自宅からっ近くても、アクセスが良くないというケースもあります。ですので、スポットの医師バイトを探すのであれば、通勤にかかる時間などをシミュレーションするといいでしょう。

希望者が多い産業医への医師転職

近年では産業医への医師転職を行う人が多く、人気の仕事となっています。産業医へと医師転職すると、ゆとり勤務が可能になりますので、常勤での仕事が難しいという人がこの仕事を選ぶ事もあります。

しかし、産業医への医師転職を希望する人が多いため、ライバルはたくさんいます。また、求人の数はそう多くはない様ですので、産業医への医師転職を行いたいなら、求人探しを徹底して行う事が、産業医への医師転職を成功させるポイントになります。

この仕事は、働きやすいと感じている人が多い様で、一度仕事に就くと、退職者は少なく、長く続ける人が多い様です。中にはセカンドキャリアとしてこの仕事を選ぶ人もいます。