医師求人選びは成功のカギ,最大のチャンスを逃さない様にしよう,働き方を選ぶ,目的をしっかりと定める,求人選びで差をつける
これから医師として働きたい人のための情報サイト医師求人で成功をつかむ
人の命を救いたいそんなあなたの願いを医師求人でかなえませんか。

医師転職で考えたい条件

健康に対する意識が高まっている昨今では、どのような病気や怪我でも早めの治療を心がける人が増えています。それに伴い病院において健康を指導する点でも、医師の役割は大きなものとなっています。

医師としてのキャリアを最大限に活かしたり、長く働き続けるためには、勤務する病院や医療機関の雇用態勢も重要です。医師転職を考える場合の条件としてまず思いつくのは、勤務地や勤務時間帯、また手取りの給料などですが、そのほかに福利厚生や勤務時間の環境なども必ずチェックするのが大切です。

待遇の良い勤務先を選ぶことで、医師としての業務に専念できるようになります。

医師転職の理由ベスト5

医師転職の理由ベスト5は年収アップ、業務多忙からの解放、キャリアアップ、独立開業、勤務地の変更が挙げられます。

大学の研修医の場合、平均年収は400万円台と一般のサラリーマン並み。そのため別の医療機関で非常勤医としてアルバイトをしたり、年収増に向けて一般の病院への転職を考える医師がいます。

また、勤務している病院によっては私生活に支障をきたすほどの長時間労働や激務にさらされる医師もおり、ワークライフバランスを整えるために転職するケースもあります。

開業医の収入は勤務医の1.7倍に上ります。勤務地を変更するのは父親の経営する地元の病院を継ぐ、利便性の高い大都市勤務を希望するなどの理由があります。

産業医に認定されている場合の医師転職の方法

産業医は厚生労働大臣が指定する研修を終えた者などで認定を受けた医師です。企業などの労働者の健康管理を行うのが主な仕事とされます。一定規模以上の事業場であれば、産業医の選任は義務付けられていることです。

医師転職を考える場合、認定を受けていることで転職先の幅を広げられます。転職先を探すには様々な方法が存在します。

知人から紹介を受けることができれば、安心して働ける職場に転職することができます。ハローワークを活用して転職先を探すことも考えられます。また人材紹介会社に依頼すれば、より希望に合致した転職先を効率的に見つけることができます。

医師転職なら専門サイトを活用すべき

医師転職を考えているのならば、専門サイトを活用するのがおすすめです。その理由は、いらない情報が全くないので、効率的に転職先を探すことができるからです。

また、一般的な転職サイトには、そもそも医療求人があまり乗っていません。そのため、自分でコネクションを使って求人を探していかなくてはなりませんが、必ずしもコネクションを持っているという人だけではないでしょう。

その点、医師転職の専門サイトであれば、豊富な医師の求人を閲覧することができますので、コネクションが特にないという方でも新しい職場を見つけることが可能です。

公務員医師として働く医師転職

民間の医療機関から国立、県立、市立病院など公務員医師として医師転職をする方法もあります。医師免許を持っていても原則、採用試験を受けなければなりませんが、医師不足を抱える地方の自治体ではほぼストレートに採用されるケースが多いようです。

収入は民間の医療機関よりも高い場合もあり、平均年収は1400万円。このほか公務員住宅に住めば格安の家賃で済みますし、福利厚生も整っており、休みも民間に比べて取りやすいなど経済的にも生活の面でも優位な点が多いようです。ただし救急患者の多い公立病院の場合は残業続きとなる場合もあり、事前に確認することが必要です。

僻地に医師転職すると

離島、へき地では医師不足が深刻化しています。へき地診療所の医師は一人で様々な病気やけが、予防医療などに対応しなければならず、「かかりつけ医」であると同時に「小さな総合病院」の院長でもあります。休みが取れずに仕事が常態化してしまうため短期間で去ってしまう医師も多く、医師不足の解消は厳しい状況です。

しかし様々な疾患やけがを診療し、場合によっては高度医療機関への橋渡しもこなすなどスキルアップを目指すにはもってこいの環境でもあります。

年収はへき地ほど高い傾向があり中には2000万円超の募集も。大変な仕事であるのは確かですが、へき地診療所への医師転職は大きなやりがいも得られるはずです。

医師転職や医師求人の記事