医師求人選びは成功のカギ,最大のチャンスを逃さない様にしよう,働き方を選ぶ,目的をしっかりと定める,求人選びで差をつける
これから医師として働きたい人のための情報サイト医師求人で成功をつかむ
人の命を救いたいそんなあなたの願いを医師求人でかなえませんか。

産業医としての医師転職

日本では慢性的に医師不足が叫ばれていますが、医師が不足しているのであれば、現在医師として働いている方にとっては、自分尾能力を最大限に活かしながら、かつ評価の高い勤務先を選ぶことができるということです。

そこで最近医師転職の現場で人気が高まっているのが産業医です。企業などの社員向けに健康診断や日々の健康サポートを主な仕事としている産業医のメリットは、定時制の勤務時間と労働報酬です。

通常の病院勤務の医師に比べてイレギュラーな仕事が起こりにくい上に、報酬の面でもかなり優遇されるケースが多くなっています。

医師転職の選択肢の1つが産業医

医師転職する際の選択肢の1つに産業医があります。企業などで労働者の健康管理を行う医師のことをいい、法律によって一定の規模以上の事業場には選任が義務付けられています。専門的な知識を元に、労働者の健康を守り快適な生活を送れるようにすることが仕事です。

最近ではストレスなどでうつ病を患い、休職しなければならなくなってしまう人が増えています。また、休職だけにとどまらず、退職に追い込まれてしまうこともあります。企業にとっては大きな損失になりますから、最近では従業員のメンタルヘルスなどの重要性が注目されています。

産業医への医師転職を希望なら

産業医へ医師転職するなら、医師専門の転職サービスを活用するのがオススメです。インターネット上から登録可能で、登録すれば様々な転職サポートサービスを受けられるので、自分ひとりで転職活動をするよりも、ずっと楽に就職活動ができます。

例えば産業医といっても会社の規模などは色々ありますが、インターネット勤務先の規模などの条件をいろいろ付けて手軽にお仕事を検索できますし、面接や職務経歴書の書き方などについても、専任のアドバイザーがアドバイスしてくれますし、面接の指導を行ってくれたり、実際の面接に付き添いで同行してくれるようなサービスを行っているところもあります。とても心強いですから利用して損はありません。

産業医は医師転職のキャリアアップに役立つ

さまざまな医療現場の中でも、産業医は、その産業で働く人々の健康を守り、万が一の怪我や病気にも素早く対応できる体制を作ることで、安心して働いてもらう環境を提供するという、産業を陰から支える重要な役割を占めているのと同時に、やりがいのある仕事です。

例えば、手作業の多い工場では、手の怪我が多いなど、その産業特有の怪我や疾病があり、そこで得た知見や経験は、医師としても大きな財産となり、その後の医師転職のキャリアアップにおいても、大いに役に立ちます。

また、会社と人脈を作ることにより、現役の医師としてだけではなく、将来の第2の人生のキャリアパスを獲得できる可能性を持っていることからも、有益な選択肢です。

医師転職は慎重に行いましょう

現状の職場環境に満足している医師の人は少ないものです。待遇の面や人間関係の面など1の職場には様々なトラブルもつきものです。そのため医師転職を考える人も少なくありませんがその際には慎重に考えることが重要です。

医師が新しい職場を探す際には十分な調査と検討が必要になるものです。安易に職場を選んでしまうと現在の職場よりもさらに待遇が悪化する危険性があります。また人間関係を一から構築しなければならず、なかなか新しい職場環境に馴染めず非常に苦しい思いをすることも少なくありません。

医師転職を行う際には事前に十分な調査をすることが必要です。専門的な知識を持つエージェントなどに積極的に相談するのが良い方法です。

産業医への医師転職について

産業医は労働者が働く現場で、労働者の心と身体の健康管理について専門的な立場から指導や助言を行う医師です。労働安全衛生法により一定規模以上の事業所に選任が義務付けられています。

近年、事業所にはメンタルヘルス対策や1015年にスタートしたストレスチェックへの対応が求められ、その中心的な役割を担っています。医師転職するためには、日本医師会が認定する要件を満たさなければなりません。

主な働き方としては、事業所の勤務時間に合わせて働く専属のほか、週に1回、月に1回など、アルバイト的に働く嘱託があります。産業医として働くことで、労働衛生やヘルスケアに関する知識を身につけることができます。

医師転職や医師求人の記事