医師求人選びは成功のカギ,最大のチャンスを逃さない様にしよう,働き方を選ぶ,目的をしっかりと定める,求人選びで差をつける
これから医師として働きたい人のための情報サイト医師求人で成功をつかむ
人の命を救いたいそんなあなたの願いを医師求人でかなえませんか。

TOP 最先端の医療を扱う医師募集

最先端の医療を扱う医師募集の項目

  1. 最先端の医療を扱う医師募集
  2. 多くの求人が見られる医師募集の現状
  3. エリアによって案件数が大きく異なる医師募集
  4. 勤務地をアピールして循環器内科の医師募集を行っている
  5. 貴重な経験でスキルアップできる医師募集
  6. 医師募集をしている医局のサイト
  7. 医師募集の際の勤務地について
  8. 血液内科の医師募集は人気があるって本当?
  9. 医師募集の情報を得るなら医師求人サイトへ
  10. 医師募集している医療機関
  11. 医師募集非常勤勤務の掛け持ち
  12. 良い条件の医師募集の選び方
  13. 地方に必要な医師募集
  14. 若くて向上心のある医師募集
  15. 医師募集に求めるもの

最先端の医療を扱う医師募集

開発がどんどん進み最先端の医療というのは注目を集めています。

IPS細胞の研究などが進み今後は医療の現場においても実用化される事が期待されています。このように最先端の医療に関わりたいという人は、その様な仕事の医師募集を選ぶといいでしょう。

大学では研究を行う医師を必要としている事もあります。

他にも医薬品の開発を行う医師の求人も中にはあります。開発された医療が実用化されるまでにかなり時間がかかる事もあり、考えられるあらゆる問題点を解決してからでないと、市場に出回る事はありません。

実用化を現実のものにするにはかなり長い道のりが必要であり、たくさんの医者の力がないと難しいでしょう。

多くの求人が見られる医師募集の現状

昨今においての医師募集は、さまざまな場所で行われるようになりました。医療系を専門としたエージェントや、コンサルタントに登録することで、求人を紹介してもらう事も可能になりますし、都道府県が募集をおこなっている県地域医療支援センターなども、求人を確認することができます。

医師不足に悩んでいる病院や機関は数多くありますので、そのような場所での医師求人を確認することができるでしょう。

自分が探している求人を見つけるためには、より多くの求人情報をリサーチしていくことが大切とも言えます。可能であれば医療求人のサイトに登録しておくことをおすすめします。

エリアによって案件数が大きく異なる医師募集

地域密着型の診療を行っているクリニックや幅広い診療科を抱える総合病院、最新の設備を積極的に導入している大学病院など、様々な施設において医師募集が行われており、仕事内容や給料などを比較しながら自分に合った職場を見つけられます。

しかし、医師募集はエリアによって案件数が大きく異なり、医師を必要とする施設が充実している都市部ほど案件が豊富という傾向があります。

なお、効率良く案件探しを行うためには、医療施設のホームページや求人サイトなどを活用し、募集情報を積極的に収集することで、よりスムーズな求人探しが可能です。

メニュー

医師求人で成功をつかむHOME 医師転職 産業医 医師転職 医師求人 医師求人消化器内科 産業医師求人 医師アルバイト 医師募集 脂肪吸引 二重まぶた 美容整形 医師バイト

当サイトへのお問い合わせはこちらから。医師求人選びの際に注目したい医師募集内容や、失敗したくない医師転職、効率良く働くスポット医師アルバイトや非常勤医師バイトといったさまざまな情報をご紹介しています。

勤務地をアピールして循環器内科の医師募集を行っている

循環器内科を受診する患者さんの数が年々増えているので、この診療科で働いている医師の数が足りないために悩んでいる病院が沢山あります。そのため色々な方法で医師募集を行って医師の数を増やそうと努力しているのですが、最近は勤務地で選ぶ医師が増えているのでそれを上手く利用して医師募集を行っている病院が増えています。

最近では循環器系専門の医師募集サイトがあるので、病院側もこういったサイトに自分のところの病院を載せてもらったりしています。それによって応募してくる医師の数も増えるので、この方法は功を奏していると言えます。

貴重な経験でスキルアップできる医師募集

大きな病院では、経験者として医師募集がされることが多く、かなり待遇が良い職場なども募集がされています。診療科目数が多い総合病院出れば、いろいろな症例の患者さんに対して、いろいろな専門医師が連携して治療にあたることとなるので、貴重な業務経験を積むことができ、スキルアップをしていくことができます。

現在の職場よりもさらにステップアップして、スキルを高めていきたいという人は、有名な先生がいる病院や規模がかなり大きく救急対応をしているような病院の医師募集に応募すると、これまで以上に貴重な経験をすることができる職場が見つかります。

医師募集をしている医局のサイト

医師は常にどこの病院でも不足していて、医師募集はほぼ常に行われているものですが、希望の職場を探すなら医局サイトが便利です。非常勤や医師アルバイト、健診のアルバイトなど医師求人を選ぶことができて目的別に探せるため、自分の状況に合った職場を探すことができます。

科なども様々なものがあり、病院の規模もクリニックや大きい規模の病院など、医師求人情報が常に更新されていて、簡単に検索も行えます。もちろん常勤の医師募集もありますし、希望する年収などに応じた情報も閲覧できるため、求人情報が欲しい時は、医局サイトを閲覧して検討してみることをおすすめします。

医師募集の際の勤務地について

医師募集への応募にあたっては、様々な条件の中でも、勤務地についても十分に考慮に入れておく必要があります。

医師は、患者と接する際は、常にベストコンディションで臨まなければなりません。そのためには、長距離通勤を繰り返して、疲労困憊した状態で診察を始めることはあってはなりません。

また、救急指定病院であれば、一定の時間内に医療機関に駆けつけることができる距離に住まいを構えておくこと必要になってきます。勤務地に対するこだわりは、患者への配慮に他なりませんので、そのことを念頭に医師募集に応募することが大切です。

血液内科の医師募集は人気があるって本当?

今現在、血液疾患の患者は年々増えているにもかかわらず、正しい診断をして、治療できる血液内科のドクターの数は多くありません。それ故に、一人の先生が、数多くの難しい患者を診療しているのが現実です。

普通の内科とはまた違う、血液の専門家は、どこの病院でも数が足りず、引く手あまたの状態です。求人で医師募集をする場合、高待遇を提示している病院も多く、血液内科のドクターにとっては、より良い環境を求めて、病院を変える事も可能です。それだけに、このような医師募集は血液を専門とする医師にとってはチャンスがあるのです。

医師募集の情報を得るなら医師求人サイトへ

医師募集のお知らせとして、求人サイトから情報が得られます。専門科目や業務内容まで選択可能となっており、また勤務エリアや希望の沿線上に絞りこんで、選ぶこともできます。

膨大な募集案件は全国の医療機関もふくまれますから、医師の要望に沿った情報を先に入力することで、その条件に合った募集先を閲覧することができます。

求人サイトは、そのエージェント会社によって独自の特徴があり、常勤非常勤を掲載するものと、非常勤を専門に打ち出しているサイト情報もあります。医師の要望が明確であればあるほど、希望する募集先が絞りこめます。

社名日本メディカルコネクション株式会社
所在地〒102-0082 東京都千代田区一番町13-2
最寄駅東京メトロ半蔵門線
半蔵門駅徒歩すぐ。
TEL03-6272-6155
名古屋支社〒460-0003 名古屋市中区錦三丁目11-25
アーク栄錦ニュービジネスビル6階
TEL052-957-5885
URLhttps://dr-ar-navi.jp/

医師募集している医療機関

医師募集している医療機関を探すには専門の転職サイトなどを利用するのが一般的です。

専門の医師転職サイトには常勤や非常勤の他に、科目などから選んでいきます。また、常勤の場合の給料については、地域や科目によって若干の違いはあるものの、2千万円以上が多くあります。

そして働き方の1つにある非常勤、特に医師アルバイト勤務は1回あたりの勤務で掲載されており、金額としては1回5万円以上と考えた方が良いです。

医師アルバイト勤務以外には健診勤務という方法もあり、こちらは医師アルバイト勤務よりも金額が下がり1回3万円以上となることがほとんどです。

医師募集の記事

医師募集非常勤勤務の掛け持ち

医師募集の勤務形態で常勤勤務をされている医師の方々が、副業として非常勤勤務の医師アルバイトで働くという掛け持ちをされている医師の方々もいられます。また副業となるので勿論、常勤勤務の病院で許可を得てから働かなければなりません。病院によっては副業を禁止されているので、働く際は気をつけなければなりません。

また副業をする医師の方々は若い年齢の方々が多いようです。給与は勿論副業がプラスされるのは大きいですが、自分の体の負担や常勤勤務の病院などに迷惑がかからないように働く環境を考えなければなりません。また副業によりスキルアップや新しい人脈を得る事もできます。

良い条件の医師募集の選び方

医師募集している医療機関はたくさんあります。給与設定はされていても、細かな業務内容は就職してから初めて知る場合も少なからずあります。このため、自分が何を最も重視したいのか明確にしておくことが大切です。

業務内容、業務時間、夜勤や拘束時間、給与、有給休暇の取得状況等の把握が挙げられます。スキルアップしたい、育児との両立のために夜勤は外してほしい、定年退職後に昼間の短時間だけ医師としてお手伝いしたいなど、ライフスタイルに合わせて医師求人を選びたいものです。

そして、興味のある医師求人募集があれば、自分の希望をしっかりと伝えて理解してもらえる医療機関の選択がよいでしょう。

平成30年(2018年)度医師国家試験予備試験

医師法(昭和23年法律第201号)第10条第1項の規定により、第113回医師国家試験が施行されます。

試験地第1部試験 東京都
第2部試験 東京都
試験期日第1部試験(筆記試験)2018年6月14日(木曜日)
第2部試験(筆記試験)2018年9月21日(金曜日)
(実地試験)2018年11月5日(月曜日)または2018年11月6日(火曜日)
受験手数料35,000円
書類の受付期間第1部試験平成30年5月2日(水曜日)から5月23日(水曜日)
第2部試験平成30年8月1日(水曜日)から8月22日(水曜日)まで
提出先〒100-8916
東京都千代田区霞が関1丁目2番2号 厚生労働省医政局医事課試験免許室
お問い合わせ先 TEL番号 03(5253)1111 内線4143
FAX番号 03(3503)3559

※詳細については厚生労働省サイトをご覧ください。
資格・試験情報 平成30年度医師国家試験予備試験
https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/ishi/yobi.html

地方に必要な医師募集

都市に人口が集まることで、地方の人口は減少傾向にあります。そのなかで問題に上がっている問題に、医師不足があります。

地方には医師募集の対策が必要不可欠であり、早急に対策を行わなければなりません。

少子高齢化対策としても有用な手段であり、地方に限らず、今後の日本にとっても重要なことです。

なぜ地方に医師が不足するのかを考えると、都市にいたほうが最先端の技術を学ぶことができ、給料面から見ても都市に行った方が優遇されているといった現状があります。若い医師の場合、地元に貢献したいという思いがあっても、給与面で断念してしまうということもあります。

若くて向上心のある医師募集

医師募集と今多くの場所で目にします。病院では沢山の患者さんが長時間お待ちになり、通院だけで一日が終わってしまうとおっしゃる気持ちも良く理解できます。またその患者さんに付き添う方も大変でしょう。

自分自身も珍しい1型糖尿病であり家から遠く離れた場所にある病院にお世話になっておりますので体調の優れない日の受診は一苦労で待ち時間も辛いと感じます。

高齢社会でますます医師が必要とされる現代ですので若い世代の医師を育成しながら、優秀で人と向き合う気持ちのある医師が増加することを切望します。

その為には若い医師に経験を積ませサポートしながら育成して下さる医師が必要です。

医師募集に求めるもの

医師募集に求めるものは、専門的な医師を募集する場合と総合的な医師を募集する場合があるでしょう。病院やクリニック等では、各診療科に合わせた専門的な医師が必要で、イベント等では総合的な医師が必要です。

現在、色々な医師専門の就職サイトがありますが、内科や整形外科専門やイベント会場専門の総合的な医師専門の募集のように、募集要綱が細かく分かれている求人サイトができると、病院とイベント主宰側と医師側のニーズが一致して、早く人材が見つかるメリットがあります。

多様化する業界に対応できるサイトが、早くできるとよいのではないでしょうか。